読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジントニック

ジントニック

今までのツケで、カラダがけっこう傷んでしまっている私は、休み休み仕事をしなくては、到底もたない情けない事になっています。

ですので、バーテンダー1人では、メニューさえ作れないのです。マネージャーにお願いをして、バーテンダーの仕事を2人の社員さんにおぼえてもらっています。生意気にカクテルなんかを教えています。最低限必要な「作業」をおぼえてもらいながら一番大切な「なぜ、それを、そう作る」を教えさせてもらってます。カクテルは、バーテンダーの技や知識を見せびらかす為に作るものではないのです。お客様が求めているものを探し出し、飲んでいただくものなのです。

今は、兎にも角にも「ジントニック」ばかりを作ってもらっています。ジンとライムとトニックウォーター。「なぜ、そう作るのか」ばかりを問いかけて作ってもらっています。

先日、休日の夜にバーに顔を出し「ジントニック」を作ってもらいました。その「ジントニック」は、彼のやりたい事が解る、私の為の「ジントニック」でした。まだまだ、沢山のカクテルを作る「技」は少ないのかもしれません。でも、その「ジントニック」は、あのホテルで飲んだカクテルとは比べ様がない程の、素晴らしいカクテルでした。

彼にとっての「ジントニック」が、「今」を思い出すカクテルになってくれたらいいなぁ。